か ★ さ _いのB面

普段思っていることなど、プレーンに書いていきたいなとおもいます。

おっさんのひとりごと。

UNIQLOが1900円でフリースを発売したころが、たしか1998年あたりだったであろうか。

 

当時、フリースなんて、mont-bellあたりが高額な衣服として出していた あまり日本人には馴染みのないものだった。

 

そもそも洋服が1900円ってこと自体に社会は騒ついた。

 

その時期のことを

日本では失われた10年なんて言われている。

 

デフレスパイラル  もう、死語のように語られ、この時期に就職活動されていた方々は本当に大変な御苦労をされたであろう。

 

「ガソリン、安かったなぁ!」ってころは、この頃。  リッター89円とか。(埼玉価格)  

 

 

2008年、リーマンショック円高を過度に誘発、日経株価も7千円台まで落ち込んだ。

 

代々木公園に派遣切りにあった方々が大量雇い止めにあい、炊き出しをもとめ集まり、

ありとあらゆるアルバイトも買い手市場。求人誌も薄くなり求人チラシも激減した。

 

 

それが、いまは、少子化云々あるが、

働き手がいない。

 

 

都市部はとくに。  

 

私達が普通に飲食、その他インフラを受けている中に必ずたくさんの外国人労働者方々の恩恵を受けている。

 

そのおかげで、いまの生活が成り立っているといって過言ではない。

 

配送業はさらに厳しい。 宅配便はほぼ日本人だ。  運転免許の就労目的での獲得は壁がたかい。

 

外国人労働者の課題については、景気(単純に株価)のよい今と、そして、なんらかの世界的問題により、

急激に低迷することもある。

 

歴史は繰り返す。またいつか日本人労働者が働く場所を無くしたとき、どうなるのだろうか。

 

過去にドイツがその問題に直面した。

 

兎に角、おなじ人間である外国人労働者の方に感謝をしつつ、今、そして未来を踏まえて国民の代表者である国会に判断頂きたい。

 

 

なにを言いたいかというと、

 

このまえ、新宿のコンビニで、外国人店員さんに、

 

 

「レシートは結構です」と言ったら、

 

笑顔で「お釣りもいらない?(笑)」

 

とジョークで返されたことがホッコリしたって話です。

 

 

 

 

 

70-200 F2.8のレンズ

 

 

もうこのタイトルだけで90兆4967億人の方がクリックしてるに違いない。

 

そう、70mm〜200mm 開放値F2.8なのだ。 人間の目を仮にF0として2.8。

 

写真機に興味がない方にとっては なんぞやというところである。

 

まぁまぁ、趣味でカメラが好きでやっていると、この70-200 2.8 は一つ持っていたい代物だ。

 

カメラ好きを公言する89兆3759億人のヤフオク、メルカリ検索履歴に必ずあると言って良い。

 

その70~ 打つのが面倒なので、略してボーノとでもしておこう。

 

そのボーノがいま、熱い。

 

私はキヤノン派なので話はキヤノンの範疇になる。

 

ここで大切なのは「キャノン」ではなく、「キノン」であるということ。

 

ちなみにこの事実を2年前くらいに知ったので、わたしがどれくらいの人物像かは想像にたやすい。

 

レンズには純正メーカー品があって、そのほかにレンズを主体として開発しているメーカーがある。

もちろん、純正は高い。でもかっこいい。

 

白に赤い線が入ったLレンズ これが「キノン」のボーノ(70~200F2.8)だ。

 

これが最近、リプレイスされた。ⅡからⅢになったのだ。  

 

なにがどうなったかなどは興味がある方はググって頂ければ良いと思うのだが

現状、ビックカメラでは新製品のⅢが安い。

 

店員さんに確認したけど、旧型のⅡの方が高い。(2018/11/17現在)

 

それはさておき。

 

白い筐体に赤い線 

憧れである。このF値が低ければ低いほど、デカく重たく、高い。

 

私は中学時代、写真部でこの白地に赤い直線がひかれたレンズに憧れをはしていた。

 

その思いは今も変わらず赤い線がなんか、「いい。」

 

ちなみに最近は白い筐体に緑のラインというラインナップがある。

 

緑のラインだけに無料通信アプリLINEを連想してしまう。

 

話はそれたけど、このボーノ(70-200)が前記したが熱々なのだ。

 

タムロンという、あやうく医療器具メーカーのオムロンと間違えそうな名前だが少し前にこのボーノ帯の新作を発売した。

 

 

シグマという我が家から20分も車を走らせると営業所があるメーカーも年内に発売するとのこと。

 

このシグマ、ここんとこ、頑張り度がすごい。それと比例するように筐体の重さもすごい。

 

このボーノ帯(70-200)はだいたい1500gあたりなのだがシグマは1800gとかなり強気だ。

 

これは「いきなりステーキ」で考えると300gのステーキを左手に乗せる感じだ。

 

ミディアムレアがお勧めだが焼き手によってはミディアムがおいしい場合もあるので注意したい。

 

さておき。 現時点(2018/11月中旬)ではあまり詳細がないが他のメーカーより重くしてくるのはレンズを詰め込んでいる意欲作ということか。

 

さて、前置きが長くなったが、カメラ屋さんで触るのも楽しいけど、

 

それらのレンズを自分のカメラに装着し、撮ってみて、自宅で確認し、値段も含め、考えたいものである。

 

先日、ビックカメラタムロンキヤノン純正Ⅲをじぶんのカメラに装着させてもらい、撮影、自宅で現像してみた。

シグマはまだ未発売のため、興味がある商品をつけて撮影させてもらった。

(アートシリーズはすごいなぁ。重いけど)

 

描写力(これは各個人の好み)フォーカス速度や追従、そんなものを防犯ワイヤーが許す範囲で試してみた。

 

ここからはあるあるだが、カメラ屋さんで撮せるものって、限られる。

 

まぁ、一区画奥のPOPとかどーでもいい双眼鏡とか。さすがに通行人は撮れないので、

そんなものばかり。あとは並んでいるカメラやレンズ。

 

今回は知らないおじさまの後頭部が入り込んでいたので、笑った。

 

まぁ、あくまでも素人の趣味人としてですが、さすがに純正はすごいなと。諸々。

 

でもサードパーティーもちょっと淡泊な感じもしましたが素晴らしい。

 

このあと出てくるステーキを載せたような重さでこの「ボーノ」商戦に殴り込みをかけるシグマはすげー、期待ですが、店員さんによるとお値段もタムロンより3万円くらい高くなるのかなと(100g1万円か!?)

 

ということで、望遠レンズ買ったら、どなたかライブなど撮らせてください。

 

 

純正Ⅱを中古でという選択肢に悩みすぎている昨今です。

 

 

 

飲み放題プランは正義

こんにちは。

 

タイトルはどうでもいいのですが、この季節、飲みに行く機会が多いかと存じます。

「飲み放題は正義」と胸に刻み、挑んでいただきたく思います。

 

さて、先日はFacebookで「洋服が選べない〜!!」と叫んでいたのですが

 

心ない(笑)親友の方々が「BALENCIGAで全身纏ってみては?」と、僕を年末に向けて破産させようという心温まるメッセージをくれたり。

 

いや〜、自慢でもなんでもなく、19キロ痩せたんで、着る物、ないんですよね〜!!

 

全部、ぶっかぶかで、イメージとしては彼女が泊まりに来て、着替えがないから彼氏のTシャツ着てる感じって言うか。(そんな経験、死ぬまでに一回はしてみたいものです)

 

さておき。

 

いま、自分がどのサイズを着たら良いのかわからない状態といいますか。

散々迷ったあげく、

 

他力本願作戦(ん、意味違うか)

 

を決行。

 

しかもいままで、なんか、置きにいく感じの服ばっかり買っていたので、

 

イメチェンしたいなって。

 

また心ある親友から「まずはモヒカンからスタートな。」とこの冬に頭から風邪引かせる気か!?というメッセージが来たり。

 

あ、他力本願作戦=「店員さんのなすがまま」と言うことです。

なんか、ちょっとエッチな動画のタイトルみたいですが、

 

「なすがまま」作戦実施。

 

某メンズ系デパートに入り、「おぉ!?」と思った店に入店。

 

おねーさんが定番の「何をおさがしですか〜」

 

ふ、、来たな。 このテンプレ。これから「なすがまま作戦」の実行者に選出されたことすらわかるまい。

 

まずはここで一発、かましておこう。

 

「いや〜、じつは20キロ近く痩せちゃって、自分のサイズ感わからないんですよ〜」

 

完全にアホである。

 

けど楽しくないと意味が無い。

この時点で予算とか無視しだした。

もう、なんか、どうでも良くなっていたのかもしれない。

クレジットカードに描かれているローマ時代の兵士が「YOU、いっちゃいなよ。」と微笑んでいるようにも感じた。

 

予想通り、「わぁ、どうやってやせたんですかぁ〜」

 

ふ、来たな。ここから私と店員さんの高度なスパーリングが始まる。

 

「クレカに描かれているローマ時代の兵士」 略してローマ兵もどこか興奮を隠せない顔をしている。

 

まずはインナーを「なすがまま」にチョイスされた。 お、これは素材感もいいし、かわいい。決定だな。

試着し、「これはいただきます。これに合う、アウターください。」

 

店員さんは心の中で「あ、カモがネギしょって、薬味も〆の雑炊用ご飯と卵まで持参してきやがった」と思ったに違いない。

 

お客様はワンサイズ、もしくは2サイズダウンでいいですよ。

 

心の中で神輿が乱舞していた。関係ないが外では新宿の酉の市が行われていたことも記しておきたい。

 

アウターは意外と高い。とは言ってもカナディアングースみたいなぶっ飛びな店ではない。

 

アウター候補が2つに絞られた。 迷う。

 

「どちらもお似合いですよ!!」 きたか。褒めテンプレの三段活用最上級。

 

このあたりになると、ちょっと楽しくなってくる

 

おねーさんがカモネギ葛西にたたみかける。 

 

「両方あれば最高ですよ!」

 

なに! 最高ですか〜!! 一昔前、どっかの団体が叫んでいた「最高ですか〜!」か!?

 

「おね〜さん、うまいなぁ、でも二つ買うと、来月、ローマ兵(クレカ)に串刺しになるので今回は1着で(趣意)」

 

 

 

あくまでも「なすがまま作戦」なので、なすがまま、セレクト。(された)

 

「この生地はどっかの軍も使っている生地とほぼ同じ物ですので、寒冷地でも大丈夫ですよ」

 

ほぼ。。 どっかの軍。。すげ〜ザックリな。その説明。

 

 

かなり薄手な質感ではあるが生地と保温性が自慢みたいなことを言っている。

 

「北海道とかに、もし出張あったらきついですよね。さすがに」とすこし、質問するも、

 

「いやぁ、北海道でも大丈夫なんじゃないですか!」

 

いやいや、北海道って広いよ。札幌だけじゃないよ、北見かもよ。羅臼かもよ。

 

おね〜さん「さすがに南極はきついかもしれませんよ」

 

当たり前である。 この価格のアウターで南極を比較対象に出してきたので、

幼い頃、新宿のコマ劇場で観た「南極物語」を思い出した。

 

当時は消防法もうるさくなくて、立ち見もアリだった。すっごい混んでいた記憶が脳裏をよぎった。

 

 

 

そんなこんなで、インナー、アウター購入。

 

結果、かわいい感じで、良かったなと。

 

 

 

 

今夜の狭山はけっこう、冷えているんですよ。

 

北海道でも大丈夫?なアウター、たしかに今日くらいの寒さは大丈夫でしたが、

 

絶対、北海道は無理よ。

 

 

靴も、ベルトも買えたので、とりあえずは一段落。

 

 

 

来月、ローマ兵が本気出してくるのが怖いだけ。

 

 

 

昼の暖かさと夜の冷え込み  寒暖差が激しいですね。

 

どうか風邪にはお気をつけください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヨワイ」を一つばかり重ねてみました。

私は乙女座なので、ざっくり先日、「ヨワイ」を一つ重ねてみました。

 

実年齢に関しましては、国家秘密レベルになりますので、「年齢不詳」もしくは

「永遠の28歳」を貫き通してまいる所存です。

 

人というものは、どうしても他者と自身を比べたりしてしまいますが、

 

きっときっと特別なオーンリーィワァーン でありたいなとおもいます。

 

どーせ、比べるならZOZOタウンの社長さんあたりを対象にすれば、ランチパックを噛みながら「自分らしく生きていこう!」と割り切れます。

 

いろんな方々と出会い、新たな自分を見つけられたと同時に、甘さやホントにダメな部分を見直すこともできた年だったなと。

 

来年はまた新しい景色(最近、このワードが好き)を見れているように、懸命に丁寧に笑顔で生活していきたいとおもいます。

 

Facebookでお友達になって下さっている皆様、

いつもくだらないを通り過ぎて書いては消しみたいな投稿ばかりで、申し訳ございません。

これからも磨きをかけて仕上げて参りますので、暖かくも冷やかな眼差しでお許しください。

 

なんなんでしょうかね、この暑さは。

 

今年は秋刀魚が大漁とのこと、

皆様方におかれましては、辛味大根をすりおろし、肉厚のサンマをお酒のアテに舌鼓をうちながら良き秋をお迎えください。

 

東横線5000系の車内より失礼いたしました。

つばめ が好き!

寒さも和らいできた春先に、わたしの住む街の駅につばめがやってくる。

 

春の訪れを毎年、つばめが知らせてくれるというか、、

 

つがいのつばめは、懸命に巣をつくり、

雛が羽化すると、駅を通る人達の

気持ちをホッコリさせてくれる。

 

小さな巣に口をパクパクあけた雛たちがエサをまつ。

 

なんとも可愛い姿である。

 

わたしが巣をじっとみていると、初老のご婦人が話しかけてきた。

 

どうやらご婦人もつばめが大好きなようだ。

 

つばめ愛好会終身名誉会長のわたしとしては、

笑顔でマシンガントークを20分付き合い、

その場を去る。

 

朝から夕方まで雛鳥のために黙々と餌を取りにいくつばめ。

 

わたしが終電間近で駅につくと、

親つばめは、雛たちを見渡せる場所でひと時、翼を休める。また朝がくれば餌をとりに飛び立つ。

 

そんな愛おしい姿を夏の暑さがつよくなる前くらいまで見せてくれる。

 

あるとき、駅近くの駐車場に車をとめ、

歩いていると、数匹のつばめが雑草の生えた空き地を飛び回っていた。

 

その日からつばめたちは次の春に向けて新たな旅をスタートさせたのだろう。

 

駅からつばめがみんな飛び去った。

 

 

いつか、つばめ好きな人達を集めて飲み会でも開きたい。

その際は、「つばめ愛好会終身名誉会長」のわたしへ、しっかりおもてなしをして頂きたく思う。

みんながパイプ椅子で、わたしだけ、ゴットファーザーが座るような黒革の椅子を。

 

宿泊はアパホテル。 もてなしケータリングは

水(軟水)3本、ウィルキンソン5本、冷凍庫に氷、ウイスキーの角と、豆腐とキムチを忘れてはならない。

 

話はそれたが、また来年、春の訪れを教えに我が狭山市駅にきていただきたい。

 

つばめといえば、ヤクルトのマスコット

つば九郎」くんだろう。

ちょいと検索をすると、、、

 

https://matome.naver.jp/m/odai/2139232198550418301

 

うむ。つば九郎も好きだ。

 

 

 

平成最後の夏!?

と、タイトルをうってみたものの、昭和、平成、と2元号を過ごした我らには特段、深い感慨はないのですが、、、

 

このブログは個人的な日記なので、ゆる〜く記録的に上半期を残しておきたいなぁと。

Appleの「カレンダー」をみながら、振り返っております。

 

2018年

 

1月 

三が日に小室先生とスタジオでご挨拶。そのあとは、、、驚きました、、

ありがたくも忙しくさせていただいている中、親が多分ですが古い牛乳であたる、ということで通院補助、 そんな月。

 

2月

楽しかった記憶ばかり。マークパンサーさんとも、15年ぶりくらいにお会い出来、

懐かしい皆様とお会い出来た、そんな月だったような。

 

3月

う〜ん、記憶があまりない、そんな月だったかなぁ、、

 

4月

自分の中ではいろんな意味で転機な月でした。

良いこと、あんまり良くないことが怒濤のように押し寄せる。

仕事という面では一つの目標を達成でき、次のステップをスタートさせた矢先、

帯状疱疹に。夜間に受診出来る病院(※)に行く。

 

たいした疾患ではないのですが、「身体の悲鳴かな、、」と思って。20数年のサビを落とさないと、新しい景色は見られないのかな、そんな思いもあった気が、、。

「今月 入会金無料!」とあったジムに通い出す。

(アホトレーニング記は後ろに)

 

私はとにかく影響を受けやすいのです。幸いなことに良いコトだけマネする傾向があり、、。 

内容は書けませんがこのころ、E-girlsさんのお手伝いをさせていただき、

極限まで追い詰めるお姿にも感銘を受けました。

 

5月

通常業務と中目黒によく行き、おいしい四川料理店を発見しました。

辛くて、おいしかった。なんじゃそれ。 MIF(みんなのアイドルフェステュバル)打ち合わせスタート。

 

6月

打ち合わせ祭り

お台場、六本木の帝王と化しました。

いちばん近かった叔父が危篤、若年性〜〜。

意識はないけど、会えて良かった。

 

7月

その叔父さんが旅立つ。

初夏の青すぎる空 - か さ _いのB面

 

母の憔悴がきつい。実の親にかけるコトバが見当たらない。

 

8月

こんがり焼ける。

E-girlsさんのコンサートにご招待をいただき、

かっこ良すぎて、感動。パフォーマーさんたちのダンスがすごすぎて、

「ダンス、習いたいな〜」なんて真面目に思ってしまう。

メンバー皆様とカメラマンさんに記念撮影いただき、緊張で顔が引きつる。

 

そしてMIF 

MIFってIMFみたいなかんじでかっこいい。みんなのアイドルフェスティバル。

 

49組225名のアイドルさんイベント in お台場

この期間中は朝起きるとメールとLINEが通知で真っ赤。

 

三日間ともに天気に恵まれすぎて終了。2回くらい灼熱炎天下のせいで桃源郷が見えましたw

 

総括

いろいろあったけど素敵な方々に囲まれて幸せです。

後半も宜しくお願いします。

 

 

*1

 

*2

 

*1:※某ハブ駅にある夜間診療所 平成の有免許ブラックジャックと読んでいる

扉を開けて診察終了まで15分。問診票、診察券なし。採血されたけど、結果は聞きたければ来てください、という じゃぁなんで採血したの!?という神?対応

*2:ジム通い 

食事もコントロールしながら14キロ減。着れなかった服も楽勝に。本でも出すか。出版関係の方、是非に(^o^) それは冗談として、良いことしかない。

初夏の青すぎる空

まぁ、ブログなので、日記として。

 

叔父が数年前から患っていた病気で、もう意識ないと連絡ありで、お見舞いに。

 

高校時代、よくベンチャーズのコンサートに連れて行ってくれたり、

 

ギターとアレンジの仕事始めたとき、

ぜーんぜん仕事なくて、叔父はあの広告代理店で働いてたので、いろいろ紹介してくれたり。

 

とにかく優しくて大好きな叔父で。

 

意識はないけど、ベンチャーズの話をしたら、

すごく反応してた、、と、思う。

 

キャラ的にこんな事を書くタイプではないけど、

帰り道、あまりにも空が青くて、小さい頃からの記憶が走馬灯のように駆け巡る。

 

こんな個人的なことをSNSで共有する必要は、ないのだけど、

 

旅立ちは近いらしく、仕事ではご迷惑をおかけしませんが、急なことがあれば、

行動等に調整など頂くかもしれず、、、

 

連携、メールその他は、全く支障なく行います。

 

f:id:jack0829:20180625162937j:image