か さ _いのB面

普段思っていることなど、プレーンに書いていきたいなとおもいます。

閉鎖前のマクドナルドでかんがえた。

こんにちは。

 

日本全国、マクドナルドの閉鎖が相次いでいますね。

 

マクドナルドも信頼回復を目指し、試行錯誤、ですが離れたお客さんは

戻ってきませんでした。

 

まぁ、それ以前に感じることは

 

マクドナルドって食事を提供することがメインの場所では無くなって来ていますね。

都市部のマクドナルドは、常に満席状態。だけど、よく見ると、

コーヒーのみのお客さんに、勉強組、モンハン組。 セットメニューを頼んでいる人が少ないこと。

 

食事の提供というよりは、場所の提供といった感じです。

 

いま、スタバが「新マック」なんて呼ばれているとかいないとか。

 

この前なんて、高校生が大量のペーパーナプキンをケースから全部出して

なんと、「おでこマクラ」にして寝ていたのには驚きというか、

あきれはてました。

 

まぁ、そんなことはどうでもいいのですが、

 

 

先日、近々閉鎖が決まったマクドナルドでコーヒーを飲んでいたときのコトですが。

 

そこにダウン症という先天性の病気を持った方が働いていました。

 

マクドナルドは大手企業ですので、障がいを持った方の雇用にも取り組んでいます。

 

その店員さんは満面の笑みでゴミ交換をし、トレイやらテーブルやらを

一生懸命、掃除していました。

一生懸命、「ありがとうございました!」と心からの挨拶をしていました。

 

作り笑いでもなく、心から仕事をやり甲斐とし、来客者に礼を尽くす姿を見ながら

考えてしまいました。

 

障がいを持った方だから感傷的、同情的にみていることは一切ありません。

 

彼女は接客には立ちませんが、本当に楽しそうに仕事をしています。

見ているこちらが嬉しくなるくらい。

 

だけど、そのマクドナルドは、もう無くなります。

 

社会的弱者なんて言葉は大嫌いです。

そんな人は存在しませんし。

 

どんな環境であれ、境遇であれ、同じヒトとして同じ権利を持っていて、、、

 

平等な社会が、、なんて綺麗事はもちろん並べませんが、

あの笑顔の店員さんが、またやり甲斐のある仕事につければいいな、と願うばかりです。

 

ネットを開けば寄ってたかって芸能人を叩く。 コテンパンのコテンパンのコテンパンにならなきゃ気が済まない匿名なのに変な正義感を振りかざすヒトが多くて、溜息をついたり。

 

マックもコテンパンにやられていますね。たしかに健康的な食事でないことは分かります。 トランス脂肪酸やら云々かんぬん。  

食の安全が叫ばれている昨今ですが、なんか加熱しすぎている感じもします。

 

「マック食べた」とか「マーガリン塗ってパン食べた」 「フリスクたべた」

 

そんなコトを言おう書こうものなら「あぶないですよ!!」「病気になりますよ!」

 

最近、驚いたのはついにミネラルウォーターまで「これは飲んで良い、これはいけない」と。

 

否定も肯定もありませんが、私は適度にやっていこうとおもっています。

電子レンジも使います。

 

嫌なニュースと言えば

私の家の近くで人間とは思えない子供の虐待があったとおもったら、

また地獄絵図のような同様の事件もありました。

 

もう意味不です。「ひとでなし」ということばしか思いつきません。

 

 

そんなことをポチポチ考えている昨今です。

 

四方山だべりでした。