か ★ さ _いのB面

普段思っていることなど、プレーンに書いていきたいなとおもいます。

つばめ が好き!

寒さも和らいできた春先に、わたしの住む街の駅につばめがやってくる。

 

春の訪れを毎年、つばめが知らせてくれるというか、、

 

つがいのつばめは、懸命に巣をつくり、

雛が羽化すると、駅を通る人達の

気持ちをホッコリさせてくれる。

 

小さな巣に口をパクパクあけた雛たちがエサをまつ。

 

なんとも可愛い姿である。

 

わたしが巣をじっとみていると、初老のご婦人が話しかけてきた。

 

どうやらご婦人もつばめが大好きなようだ。

 

つばめ愛好会終身名誉会長のわたしとしては、

笑顔でマシンガントークを20分付き合い、

その場を去る。

 

朝から夕方まで雛鳥のために黙々と餌を取りにいくつばめ。

 

わたしが終電間近で駅につくと、

親つばめは、雛たちを見渡せる場所でひと時、翼を休める。また朝がくれば餌をとりに飛び立つ。

 

そんな愛おしい姿を夏の暑さがつよくなる前くらいまで見せてくれる。

 

あるとき、駅近くの駐車場に車をとめ、

歩いていると、数匹のつばめが雑草の生えた空き地を飛び回っていた。

 

その日からつばめたちは次の春に向けて新たな旅をスタートさせたのだろう。

 

駅からつばめがみんな飛び去った。

 

 

いつか、つばめ好きな人達を集めて飲み会でも開きたい。

その際は、「つばめ愛好会終身名誉会長」のわたしへ、しっかりおもてなしをして頂きたく思う。

みんながパイプ椅子で、わたしだけ、ゴットファーザーが座るような黒革の椅子を。

 

宿泊はアパホテル。 もてなしケータリングは

水(軟水)3本、ウィルキンソン5本、冷凍庫に氷、ウイスキーの角と、豆腐とキムチを忘れてはならない。

 

話はそれたが、また来年、春の訪れを教えに我が狭山市駅にきていただきたい。

 

つばめといえば、ヤクルトのマスコット

つば九郎」くんだろう。

ちょいと検索をすると、、、

 

https://matome.naver.jp/m/odai/2139232198550418301

 

うむ。つば九郎も好きだ。